読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ

最近は、まあまあ忙しいです。

純正アッパーカウルの補修と塗装(8)

GSX750S (S2) バイク 塗装

f:id:ghost_pain:20160424190518j:plain

本当は、昨日また夜中に倉庫行って、研磨の作業自体は殆ど終わってた。今日の午後、塗装面のゴミをチェックしたあと湿度計を確認。

 

f:id:ghost_pain:20160424182643j:plain

『これぐらいの湿気ならやれるんじゃね?』と思って、急遽塗装準備。ボカシ剤*1を作ってまず補修箇所よりも広めに塗装。次に純正色を塗装していたら……垂れた。調整しても塗料の出が今ひとつだったから、おかしいとは思ってたが、見事にエアブラシが目詰まりしてた。

 

f:id:ghost_pain:20160424190349j:plain

純正色は、以前と同じにシンナーで倍に薄めて念入りに攪拌、エアブラシの口径も同じ0.5ミリを使用。前回使用した際に洗浄がしっかりできてなかったのかもしれない。「うがい洗浄」して、トリガーを引き続けてもカップからシンナーが減らない。かなり重症。(金属粉が混ぜてある)メタリック系は道具の洗浄に気をつけているつもりだったが、考えが甘かったようだ。

 

f:id:ghost_pain:20160424191921j:plain

垂れた塗装は乾燥後に段差を研磨した。

 

f:id:ghost_pain:20160424192017j:plain

もうちょっと拡大すると、こんな感じ。予想してたよりは酷くなかった。

 

f:id:ghost_pain:20160424192719j:plain

スプレーガンで全塗装すれば簡単なんだけど、やりたくないんだよねえ。塗料の吐き出し量が多い分、屋内の養生する範囲とか準備が大掛かりになるから。まあ、対策をまた考えますわ。

 

ghost-pain.hatenablog.com

ちなみに、この記事がうちのブログのアクセス数でダントツのトップ。ずっと、不動の1位。アクセスページ全体のうちの3割が、この記事に集中してる。

 

 

 続きは来週ぐらいかなあ。お天気と道具。塗装は手間がかかる。まあ、ぼちぼちやっていきます。

 

 

追記。

 

今思い出したけど、スプレーガンって基本的に濾し紙で塗料を漉して使うのが前提。塗料の粒子の大きさもスプレーガンの口径に当然合わせてある。エアブラシに自動車板金用のウレタン塗料(特にメタリック系)を使うときは、漉し紙で漉してから投入したほうがいいかもね。次回は試してみます。

  

*1:クリア2:シンナー8の割合で混合。