紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ

SLASH METAL⚡ GARAGE OFFICIAL BLOG

母の生存確認に訪ねてきた女性

母の腰の状態は、あれからずいぶんと良くなった。ここ数日の買い物や洗濯は自分が担当していたが、昨日あたりから洗濯物の取り込みをやってくれるようになった。

ghost-pain.hatenablog.com

今朝も、自分が引き続き洗濯物を干した。父の汚れ物もあったので、母屋から3往復ぐらいしたんじゃないかな。寒いし、雪は残ってるし、また母に転んでもらっては困る。年寄りは、転んでそのまま寝たきりになるケースがある。

 

ついさっきだが、あまり見かけないというか、おそらく自分とは初対面だろうと思われる中年女性が訪ねてきた。うちは昔の家の作りで、正面の玄関の横に小さい入り口がある。知り合いや、用事のある業者などは小さい入り口から出入りする。しかし、さっきはインターホンが鳴って確認すると、正面の玄関のモニターが点いた。

(誰だろうな?モニターに映ってねえぞ)

小さい入り口を開けて『どちら様ですか?』と言うと、ヤッケを着た女性が現れた。

『お母さんの姿を最近見ないもので……お元気かなと』

『どちら様ですか?』

『ここの前をよく通るんで……先日も花をいただいた者です』

確かに、畑でできたものを知り合いに持たせてやることはある。しかし、今は冬だし、うちは畑で花も栽培していない。

『はあ…そうですか。腰を悪くしているもので、起こしたくはないんですが』

自分は、ここで少しこの女性に対してカマをかけてみることにした。

『先日もねえ……似たようなことをおっしゃる方がいらっしゃって、何か母のことが近所で噂になってるんでしょうか?』

すると、女性は急に顔面蒼白になり、うろたえ始めた。(もちろん、自分が言ったことは口から出まかせの大嘘だ)

『いえ、私は初めて来たんです。そういうことは知らないです。すみません、失礼します!』

そういうと、女性は慌てて戸を閉め、逃げるように帰って行った。

 

女性が帰ったあと、念のために母に尋ねてみたが、

『え?花なんかあげたことないで(笑)うちは作ってへんし』

と首を傾げた。

 

母の安否などは、近所の人間に聞けばすぐわかることだが、おかしなことを吹聴する暇な人間がいるものだ。