読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ

最近は、まあまあ忙しいです。

人間そっくり

バイク クルマ

f:id:ghost_pain:20141026134312j:plain

もう何年前になるかなあ。

最初は本物の警察官だとおもってびっくりした。

(この距離でみても、人形とはおもえない)

 

気が付いてるヒトもいるとおもうけど、前のプロフィール画像はこれを加工したものを貼り付けてました。

(あの小ささになると、余計に人間みたいにみえた)

 

地元の警察署が設置していたらしくて、人形には腰部分に鎖が巻きつけて盗難対策がしてあった。

すこし前から、この場所には人形はいない。

余計に事故を誘発する、ということで住民から苦情が出たのか。

まさかとはおもうけど、盗まれたのか。

よくはわからない。

 

人間そっくり、でおもいだした。

昔、中学ぐらいのときかな。

安部公房の『人間そっくり』を読んだ。

短編だけど、読み進むうちに『この主人公は最後はどうなるんだろう』とぐいぐい引き込まれた。

『砂の女』にしてもそうだけど、ああいう小説を書くヒトはもう出ないだろうね。

生きていれば、『大江健三郎よりも先にノーベル(文学)賞を取っていただろう』って言われているのも、納得できる。

(大江や村上春樹と同じように、このヒトの小説も何か国語かに翻訳されています)

 

筒井康隆の『SF教室』だったかな。

(この本自体もかなり古いのでもしかしたら絶版になってるかも)

“これは抑えておけ”って小説がいくつも羅列してあった。

ハインラインの『夏への扉』やブラッドベリの『太陽の黄金(きん)の林檎』なんかといっしょに、先の『人間そっくり』も入門編として挙げてあったとおもう。